キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 土地の売買による名義変更 : 土地名義変更の王道

土地の売買による名義変更

土地名義変更の王道

Yahoo! JAPAN

土地名義変更の王道画像

土地を売買したい場合の名義変更はどのように行うのでしょうか。

土地の売買による名義変更

無駄に土地を持っていると税金がかかりますので、経済状態の不安定な現代、土地を手放す、つまり、売買する人も多くなっています。

土地の売買するために名義変更を行うと、勿論税金の問題が出てきます。

土地、建物を売買するということは土地の所有者から土地を買う人に所有権が移行するということになります。

この際、売買による所有権移転登記が必要です。

この所有権移転登記は土地の名義変更と呼ばれることが多く、土地の名義変更手続き、登記手続きを行うケースとしては、不動産会社が仲介するケースや、親族間、親子間で売買するなどのケースがあります。

抵当権抹消時や名義変更登記、また土地を買う方は、抵当権設定登記などの手続きが必要となるため、通常、司法書士を依頼し登記申請を行うことが多いようです。

土地の売買を家族間や親族間で行うという場合も、書類を作成しておかないと何もかもがなあなあになり、のちに親族間、親子間トラブルに陥る場合もあります。

肉親や親族間だからこそ、土地の売買に関して売買契約書などをしっかり作っておくことで、トラブルを未然に防ぐことができます。

土地が農地という場合には、農業委員会というところの許可手続きなども必要となるため、許可手続きなどに精通した司法書士など法律の専門家に依頼する方が間違いもなく安心でしょう。

勿論司法書士に依頼するということは、依頼するための報酬が必要となりますし、そのほかに登記費用として実費として登録免許税などがかかります。

こうした諸費用に関してもしっかり理解しておくことが必要でしょう。

不動産の名義変更は親子だったり近しい親類なら、必要ないんじゃないか?という人もいます。

確かにその世代が仲良しでこうした土地など利害が発生することでもまったく問題ないでしょう。

でもその世代の方々がお亡くなりになり、次世代に受け継がれるという場合に、同じようにうまくいくとは限りません。

単に口約束じゃないか、という話になり大きなトラブルになる可能性が高いのです。

面倒でも、土地の所有に関して売買などを行うのなら、しっかり名義変更を行い売買に関する売買登記の登記申請書を行っておくことが必要です。

売買には、登記識別情報通知(登記済権利証)、印鑑証明書、住民票、固定資産評価証明書、売買契約書(売買契約がわかる書類)などが必要です。

司法書士に依頼する場合には、当事者の本人確認書類として、免許証や保険証のコピーが必要となる事もあります。

司法書士報酬な面も含めて、土地の売買に関する名義変更で必要な申請書類の確認もしておきましょう。